作品紹介:Linux/C++フリーライブラリの使い方

『Linux/C++フリーライブラリの使い方』 シ著
【買う】 丸善・ジュンク堂  Amazon  楽天  セブン 
A5 表紙込172ページ (推定283 グラム) 末端価格998円(税抜)
ISBN 978-4-87310-054-8(C3004)  暗黒通信団在庫無し
困ったことに、C++のライブラリについて解説された日本語書籍は (本気で探しているかと言われれば不安もあるが)標準ライブラリ(STL)と Boostについてしか見あたらない。 その他膨大なフリーのライブラリが日々開発・提供されているのに、 そのマニュアルとサポートは英語であり、日本語書籍もろくに提供されていないのが 現状である。おかげでC++言語は何をするにも英文読解を必要とする難解言語 という扱いを受けている。本稿はそうした状況を改善すべく、日本語の実践的な 参考書として書かれた。本稿ではC言語とC++の基本的な知識はあるものとし、 解説書の多い標準ライブラリ(STL)については扱わない。本稿は細かい仕様より も、できるだけ簡潔な実例を載せることに徹している。

※本ページに掲載された書影画像およびそのリンク先の拡大書影画像については、 各国Wikipediaとオンライン書店への記載に限って許可します。 それ以外への利用(特にテレビ・新聞・雑誌・ブログ・SNS等での利用、裁判における証拠の利用)については 面倒でも当団までメールで連絡し、事前に文書による許諾を受けて下さい。 悪質でない多くの場合は許諾されますので、適正手続きをお願いします。

▲ トップを狙う