執筆者・売り子等紹介

暗黒通信団が創る作品は「筋の通ったイタズラ」あるいは「ディレッタントなアカデミックアート」であるとされる。しかし暗黒通信団員の定義は非常に難しい。最も広く通用する暗黒通信団員の定義は、「自らが暗黒通信団員だと思っている者」である。しかしこれでは分からない。もう少し狭い定義は「暗黒通信団メーリングリストに参加している者」である。しかし同人誌活動をしているのは、ML参加者のほんの一部に過ぎない。どこまでを団員だとするのかは極めて難しい問題だ。ここでは外に向けて同人誌活動とか広報活動に参加している人々を五十音順に紹介してみよう。もちろん偏見に充ち満ちている。

天羽優子 (あもうゆうこ)
アンチニセ科学界の有名人だが、その正体はトンボである。事実上の訴訟対応担当とも。鉛筆を転がして止まった面の表示から有罪無罪や刑期まで出せる「裁判員鉛筆」を作れと言った言い出しっぺでもある。本人曰く「あれはひどいグッズだったw」

嵐田源二 (あらしだげんじ)
不幸にもサイエンスアゴラのポスターを見てしまい拉致られた謎のおじさん。ひたすら相対性理論の計算をし続ける芸風は実に相対論オタクだ。実際、見るからに相対論オタクだが。某日経系の新聞によれば暗黒通信団の本部は彼の住むマンション内にあるらしい。配下に破壊王を擁する大物フィクサー(たぶん)。

うたたん (うたたん)
四代目のツイキャス担当。声はかわいい。顔は自称かわいい。頭はとてもかわいい。 「Puritan」を「ぷりたん」と呼ぶ愛らしいキャラ。 ちなみに「愛らしい」は「いとらしい」と読む。「正月」は「しょうずき」。 そんなこの子も漢字検定二級保持者。 自称天才だが、天才とは「実際に包丁で手を切ったことないのに血が出ることを知ってる」かららしい。 どう突っ込んだらいいんだ。 リスナーによれば「声は可愛いのになんでこうもIQ低いんや」とのこと。 なお実際歌わせると高音域が怪しい。

Mmc (えむえむしぃ)
ファッションとキリスト教に強い元女王様。最近はチベット支援や新聞校正もやる。少女時代にはヒトラーと戦っていたらしい。校正担当。

河村塔王 (かわむらとう)
色々な原作者にして、変な本ばかり作る前衛芸術家にして、 ICUから出られない人。個人的にはICUで治療しても治らないと思う。

きむら秀一 (きむらしゅういち)
メロンブックスで即日完売した「キュウベエに学ぶ営業テクニック」の作者。あるいは艦これ本やソシャゲ評論の作者。自称不審物であり、実際、見るからに不審である。彼のサークルは昼くらいになるとさっぱり売れなくなって閑古鳥が鳴くそうである。

左巻健男 (さまきたけお)
理科教育界の重鎮にして、名誉戦闘員。暗黒通信団のWeb記事をリツィートしただけでEM菌の人に訴えられた可哀想な人。でも最高裁まで三連続完封勝ちしたので裁判スキルがついて喜んでいる。当然、裁判記録の本も出た。この人には裁判を吹っかけない方がいいと思う。絶対楽しんでるから。

(し)
最近は引退気味である。暗黒通信団の下っ端全般をやらされているナイスガイ(自称)。「下っ端」は役職名である。最近はいい気になって「チーフエグゼクティブ下っ端」を名乗ってる。なんだそりゃ。ちなみにこのページの執筆者でもある。容貌的には「美女と野獣」の後者の方で、見た目9割の現代社会において最下層を突き進んでいる。生活水準はリアル生活保護受給者から「生活保護よりひどい」と言われたくらい。カネと料理スキルがないだけなのに、健康志向といいながら砂糖水やプロテインパウダーを原材料のまま食べている。野宿や会社暮らしやネカフェ難民であるため、マイナンバーをゲットするのにひどく苦労した話は有名。法律上の住所に送られても届きませんのであしからず。訴状とか訴状とか訴状とか。

シゲノ (しげの)
東京の某国立大卒。 千代田区にあるタワーマンションの高層階に住み、時おり友人たちを集め、 マンションのラウンジで呑み会を主催している。こう書くと帝王感=悪役感満載だが、 実際はひどい非モテで、女性と付き合ったことがあるのに童貞という意味不明なキャラ。 ただの童貞というよりプロ童貞である。通称「理事長」。だれかこいつを落とせ。

竹迫良範 (たけさこよしのり)
セキュリティコンテストのえらい人。その割に暗黒通信団でセキュリティの話は聞いたことがない。ジュンク堂池袋店で売り上げ総合一位になった「パターン認識と機械学習の学習」の出版仕掛け人。初版千部が2日で消えたという(評論同人誌としては)驚異的な記録を立てた。返本もすごかったけど(ぇ

TokusiN (とくしん)
暗黒通信団のラマヌジャンと呼ばれる。とんの師匠であるパズラー。何か複雑そうな問題をもっていくと、数日沈黙したのちにいきなり答えが出てきたりする。ひたすら変なパズルを追求し続ける芸風は実にパズルオタクだ。実際、見るからにパズルオタクだが。 「$e^{i\pi}$1,000,000桁表」「グラハム数1,000,000桁表最終巻」の仕掛け人。まさか数学セミナーに載っていたとはな。

とん (とん)
ナンプレ界の巨匠。円周率の詠唱者であったが、そのうち自作の誰も解けないナンプレをブースに持ってくるようになって拉致られた。ひたすらナンプレを追求し続ける芸風は実にナンプレオタクだ。実際、見るからにナンプレオタクだが。

謎の教育者 (なぞのきょういくしゃ)
何でもできる教育者。以前は時々売り子に混じっていた。毎回コミケでB5サイズのコピー誌を出しているが、ここのところおとなになったので休業気味。JR全線完乗の鉄人。全日空のスーパーフライヤー。

生天目あかり (なばためあかり)
暗黒通信団のマスコット。声優ではない。「童貞が教える気持ちのいいセックス」作者。マスコットなので「月刊生天目」誌も発行中。ちなみに本人は童貞といわれることを嫌っている。「幸福追求インターナショナル」職員。フェミニストを自称しているが、実際のところフェミ芸人。リツィートをあげるとキャッキャと喜ぶ。

破壊王 (はかいおう)
意図するしないにかかわらず、関係するすべてのものを破壊してしまう恐怖の王。hidamaiが暗黒通信団を破壊しようと目論んで漆黒の魔空間から召喚したが、その意図も破壊された。相馬の野馬追が好き。渋い趣味だな。

秘書 (ひしょ)
三代目のツイキャス担当。暗黒通信団の秘書である。 抑揚控えめで淡々と事務連絡する有能な秘書。秘書検定は持ってないらしい。 無機化学に強いらしい。

hidamai (ひだまい)
高校生の頃に暗黒通信団の整数論本を読んで人生を踏み外した。適当につけられた「神聖大総統」という肩書きがWebマガジンで紹介され、そのまま定着。珍しく顔出しOKキャラとなっている。愛称は「マイちゃん」。趣味はプログラムの高速化。

Projective X (ぷろじぇくてぃぶえっくす)
ニートではなくなったが泣けるほど多忙になった純粋数学者。彼の数学本は(ガチすぎて)前書きと後書きしか読まれないといわれる。「中身も読んでほしい」(本人談)とのことなので、読めるものなら読んでみろ(泣)

星野香奈 (ほしのかな)
幽霊団長。かつてはエカテリーナとまで呼ばれていた、超ワガママな首領サマ。代表などという柄ではなく、だだっ子といった方が近い。タイムボカンに出てくるアレを想像してもらえるといい。趣味は多岐に渡り、詩や小説から、音楽、プログラムまで手がける。美貌と才能が人を呼ぶのか、オトコには不自由していないらしい。が、良家の温室育ちで変にプライドが高いため、即売会には来てくれない。若いうちに売上げに貢献してほしいものだが、悲しいかな、即売会の売り子はいつも下僕の担当だ。ファンクラブ(謎)があったらしい。

牧野貴樹 (まきのたかき)
各書店で平積みになり全国放送のラジオや雑誌で紹介された伝説的同人誌「円周率1000000桁表」の作者。 円周率本はWikipediaに項目まである。暗黒通信団を円周率サークルにしてしまった影の立役者である。 小さな頃から大きな頃までプログラマだった。指が32本あり、暗算で16進数の掛け算が出来るという珍しい病気を持っている。 目の前でエディタを起動し、何も見ずにバイナリを打ち込み、コンパイルもせずに実行ファイルを作ってしまったとき、 彼には一生勝てないと思った。東大准教授から外資系に引き抜かれて現在はニューヨーク在住。二児のパパ。

茗荷さくら (みょうがさくら)
いわゆる、さくらちゃん。珍しく作品を「です・ます」調で書く人物。16ページの本に70個のリファレンスを突っ込むあたり、同人誌を論文と勘違いしている。だがそれがいい!

▲ トップを狙う